怪我にご注意


北陸地方では、記録的な大雪となって、日常生活にも支障があるほどと言う事ですが、みなさま大丈夫でしょうか?

わたしの住む、関東地方では、先日の大雪(北陸地方での大雪と比べると、”大雪”って言っていいのか…とも)も
日陰にわずかに名残を残す場所もある程度で、テニスコートの雪もなくなり、利用できるようになって来ました。

まだまだ寒い日が続きますが、ちゃんとストレッチや準備運動されてますか?

わたしも若いころは、だらだらと準備運動して、乱打がウォーミングアップ代わりみたいな時期もありましたが、
今、同じことしようとすると、「あれ?肘痛い・・・」みたいになってしまいます。

また、じゃあストレッチしてから!と、凍える身体で、ストレッチをはじめる方もいらっしゃいますが、出来れば
以下のような順番がおススメです。

1.身体を温める

軽くジョギング(歩くくらいでも)をしながら、まずは身体を暖めましょう。

2.無理ない範囲で筋肉を伸ばす

一気に、ぐいっと筋肉を伸ばすのではなく、ゆっくり息を吐きながら、少しずつ筋肉を伸ばしていきましょう。

3.動きながら大きく筋肉を動かす

良く言われるのが、「ブラジル体操」(サッカーの試合とか見に行くと選手がしてるあれ)のような、動きのあるストレッチで筋肉をほぐす。

ボールが短くなる→急に負荷のかかる動きでボールを打ちに行く→怪我してしまう、なんて事があります。また、プレーの合間でも、身体を冷やさないようにするなど、いつもよりも身体に気を付けて、ソフトテニスを楽しみましょう。

 

※インフルエンザも流行してますので、プレー後は、クールダウン様のストレッチだけでなく、うがい手洗いもです。

 

ソフトテニスパートナー(SoftTennis Partner)管理者の一人




コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




Twitter

facebook